ゆっこ
  • Author:ゆっこ
  • 職業■立派じゃないヴォーカリスト
    性別■女
    生年月日■1982/06/01
    好き■漫画。カフェ。妄想。
    宮崎駿。シンプル編成の生バンド。
    きれいなお姉さん。きれいなお兄さん。
    動物。ゴハン。
    嫌い■いらん説教。労働。争いごと。
    高級品。パクチー。自分の部屋のニオイ。


  • RSS1.0


  • CALENDAR
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • アンコール:引っ越します(12/26)
  • M52:風邪?ひかないねぇ(12/23)
  • M51:シューティングスター(12/14)
  • M50:アニバーサリーでもいい(12/13)
  • M49:フィーリンバッド(12/10)


  • RECENT COMMENTS
  • 真駒内本町(11/01)
  • ユッコ(12/26)
  • 志保(12/22)
  • (12/15)
  • 雄太(12/15)
  • ゆっこ(12/15)
  • k(12/15)


  • RECENT TRACKBACKS
  • †クリスマス大作戦!!†:もうすぐクリスマス・・・w(12/26)
  • ちび学生苺の日記:ちび苺(12/14)
  • 厳選!お買い物情報:70万人が利用する英単語学習法(12/07)
  • ロリ娘完全丸見え鬼畜調教:ロリ娘完全丸見え鬼畜調教(11/21)
  • Ķ??票?:Ķ??票?(11/16)


  • ARCHIVES
  • 2005年12月 (7)
  • 2005年11月 (7)
  • 2005年10月 (9)
  • 2005年09月 (11)
  • 2005年08月 (18)
  • 2005年07月 (4)


  • CATEGORY
  • 未分類 (56)


  • LINKS
  • 沢山のミュージシャンを世に送り出す D大学軽音楽部ロックセクション
  • お客様にも噛み付くぜ! ㈱狂犬
  • 豊かな感性で飛び込み営業 ㈱狂犬 営業一課・『ゆ』の字
  • このお茶、静岡産ですか? ㈱狂犬 秘書課はらだ
  • メカニカルビッグガイ Kyouken Corporation 海外部門エディ
  • 未来のスーパーPAさん K's 伝記
  • もうすぐ帰国!?sky to sky (アメリカ留学中まきこ)
  • Tの塚のキングが守る ㈱狂犬 警備室しゅうじ
  • 必死の訴え レナヲダッテイキテル
  • 今、世界中が彼を求めている 「さよなら、毛根」


  • SEARCH



    こぶたの唄 ~第2楽章~
    1日1曲歌う感覚でブログを更新出来ますように。

    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
    M16:道が見付からない
    20050813031804
    私はいつも通りすぎるだけの街である東川口に図らずも発上陸した。タクシーに乗って南越谷まで一気にランしてしまおうと企んだのである。とりあえずお金を下ろさなければタクシーには乗れない。ということで激しい雷の中、駅から見えたローソンに走った。

    とまたここで大いなる障害が私を拒んだ。なんと雨の影響で道が浸水していたのだ。ファック泣。写真はその近くの道です。この時私は大宮駅で金を下ろそうとしたのに下ろさなかったことを激しく後悔した。でもここで止まったら一生止まってしまうので、私はズボンを膝までまくりあげ、その川の流れに足を踏み入れた。すげー。まくりあげた意味無し。私の足は膝まで沈み、ズボンは完全に濡れた。

    そして無事に金を手にした私、また川を渡りタクシー乗り場へ。しかしタクシー乗り場にも群がる沢山の人…、タクシーは一向にやって来ない。とまさに今陸の孤島と化した東川口。私は途方に暮れてしまい、ただ死ぬ前にこの惨状を伝えておこうと思い、愛すべき恋人に電話をかけた。

    そして居酒屋にいる相手に、こちらも雷雨の中で完全に場違いな大声で怒鳴った。「東川口にて電車が炎上爆発、街は今海に沈まんとす、私が死んだら遺灰を綾瀬川に流して欲しい」というような主旨のことを伝えた。

    すると私の情熱が天に伝わったのか、なんとその場にいた一つ年上の大先輩である山崎S大明神が車で迎えに来てくれるというではないか。飲み会に車で来ているなんて、誰が予測しい得ようか。

    というわけで無事に脱出路を確保した私だったが、
    まだ、戦いは終らなかった……。
    スポンサーサイト

    【2005/08/13 03:18】 未分類 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://61yuk.blog18.fc2.com/tb.php/16-39804557
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。